陽線と陰線

ここで追随買いが出てくれば、ドルの価格を高く持ちよけたことは「吉」と出ます。しかし、誰も買い手が現れないと、梅田たちは相当な高値でドルを買ったことになり(高値づかみ)、結果が「凶」に転じる可能性が高いといえます。
 
しかし、ローソク足にも弱点があります。左のチャートを見てもわかるように「陽線と陰線」がコロコロと変わり、今ひとつトレントがわかりにくいのです。私は4つの価格を知りたいわけではない。
 
外貨商品として一般的に広く知られている外貨預金や外貨立てMMF為替手数料の面から見ると、FXの方がケタ違いに安く済むFXでレバレッジをかけなければ、リスクは外貨預金と全く同じ米ドルの場合、買い売り。
 
しかし、短期売買がゆえに損失を被る可能性もあります。では、短期売買のメリットとは1体何でしょうか。最大のメリットは、短期にポジションを取ることで予測の精度が上がることでしょう。